イギリスで生きてみる
by pirimiso
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
Stand By Me
心に残る出会いのエピソード
映画「スタンド・バイ・ミー」で主人公が、少年の日を振り返って言う。

“誰も、12歳の時のような友達を
              あとの人生で持つことは、けっして出来ない。”



c0048612_10284937.jpgその頃のわたしには
「彼女」の存在は
彼女以外のひとを全部合わせたよりも大きかった。

だれよりも賢く。
だれよりもやさしく。
だれよりも大きく笑う。
わたしにないものを全てもっていた彼女。

2人が一緒に過ごしたすべての日々は
彼女が語ったすべての言葉と
彼女が生んだすべての音と
彼女がつくったすべての動きで満たされている。

12歳のわたしにとって大きかったように
そのあとの年月、わたしの中で大きな存在だった彼女。

わたしが年をとり、大人に近づいても
わたしの中のおさない彼女は、わたしよりも大きく見えた。

10年の後も、20年の後も、かわらない。

12歳の彼女は
わたしに笑いかける。
ほそめた目、ひきちぎれそうに大きな口で。

「そんなふうに言っちゃいけないよ」
12歳の彼女がわたしをさとしたように
大人びた口ぶりで、わたしに話しかける。

いまも。

彼女のようになりたいと
すこしでも彼女に近づきたいと、焦がれるのだ。

いまも。

12歳の時の友達は
もうひとりの自分になって、わたしの中に生きている。


いちばん近いひとよりも、もっと近くで生きている。
[PR]
by pirimiso | 2005-04-13 02:13 | JOEと映画を
<< ビタミンP 花粉症に効く? mead - ハチミツ酒の味 >>