イギリスで生きてみる
by pirimiso
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
TSUTAYAにて
日曜日の午後、
いつものTSUTAYAは家族連れで賑わっている。

食品系の買い物の帰り道に立ち寄ったワタシ。
今のところカウンター前に順番待ちの列が無いのを確認すると
最速モードで店内をグルッと一巡り。
「今日はドキュメンタリーでも観ようかね・・・」
と、すばやくシェルフを物色。

とても幼い子どもの声が聞こえた。
「おかあさん、ココ入っていいの?」

3~4歳くらいの女の子が少し離れた位置の母親に訊いている。
女の子はカーテンで仕切られたコーナーの入り口に立っている。

「ココは子どもは入れないのよっ。」
母親は女の子の手を取って歩き出そうとしている。

「だけど、もっと小さい子が中にいるよ~」

ワタシの視線も腰丈のカーテンの下をうかがう・・・

その「もっと小さい子」は、シェルフからビデオの1本を抜き出している。
満足げに笑いながらビデオを抱えてカーテンの奥から出て来た。
トコトコと歩く様はやっとまともに歩けるようになったところか。

「パパー、パパー」と嬉しそうだ。
パパのところまでかけ寄ると、自ら選び取った1本を差し出す。

赤ちゃんからビデオを受け取ると
なんとか無表情を保ちながらカーテン奥に返しに行くパパ。

見ると、女の子と母親はもうそこにはいなかった。

かわいい拾い物をした気分のワタシは、笑いを堪えながら
テキトーにドキュメンタリー・フィルムを選び
Joeに話すために大急ぎで家に帰った。
[PR]
by pirimiso | 2006-08-06 23:35 | JOEと映画を
<< あたりまえに英語を話す人々 ユダの福音書  >>