イギリスで生きてみる
by pirimiso
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ:タイ・マッサージ気分( 3 )
シンガポールのジェントルマン / バンコクの日々③
とっても、久しぶりにタイ滞在時のことを書こうとしてるのは
日差しが強く、夏っぽくなってきたからかな?
窓から入る西日がまぶしい・・・

・・・・・・・
スターバックスで落ち合ったシンガポール人のZaiは
早口で快活におしゃべりする印刷会社のヤング・エグゼクティブ。
インターナショナルな仕事をしている彼の話す英語は完璧で、
シンガリッシュと言われるシンガポール人特有の言語とは違う、
とJoeは評していた。

けど、聞き取りにくいのは早口のせいばかりではないのだ。
シンガリッシュがどんななのか知らないけど、
Zaiのサウンドは未知の言葉のように響く。

うー、なに言ってんだかわからーん!

こう言うとシンガポールのなまりが
わたしのリスニングの妨げのようだが、実際はそれだけじゃない。
じつは、わたし、イギリス人の英語も苦手なのだ。

Joeはイギリス人ではあるけど、
長年日本に住んでいて、イギリスに帰るよりアメリカに行くほうが多いこともあって
アメリカナイズされたイギリス英語と言えるだろう。

普段それに慣れてるからか、本場?ロンドンからの男の子の言葉にも
なじむのにすごく時間がかかった経験がある。
「おいおい、それってホンマにエーゴか?」って思ったくらいよ~

耳慣れないリズムの英語が苦手なわたし。
聞き取れない理由は自分にあるのだよ・・・
こりゃ、慣れるしかないなー。

マシンガンのように続くZaiの言葉の攻勢に、200%の聴覚を集中させる。
この世にZaiの声以外の音は存在しないかのように・・・。

頭の芯がジンジンジンジン。なんか、もー疲れてきた・・・。
バンコク深夜着で、あんまり寝てないからなー。

「タイの美味いモンが食いたい」というのが
メールで伝えてあった唯一のメッセージだったので、
Zaiおすすめのタイ料理レストランへ案内してくれるという。

スタバを出て、バンコクの熱気の立ち込める雑踏を歩く。

Zaiの歩く速度といい、路上の屋台をのぞくわたしに付き合うポジションといい、
足元に並ぶ商いの品々にわたしがぶつかったりしないように気づかってくれる
ちょっとした心配りといい・・・
なんという洗練された紳士ぶりだろう。

これが、シンガポール式のエスコートというヤツ?
シンガポールのオトコのオンナへの気配りは最高だと聞いたことあるけど。

Joeと歩く時と比べてカンゲキしてしまう。

わたしを置いて、さっさと先へ歩いていってしまい、
やっと追いついたら1人でアイスクリーム食べてたりするJoe・・・
(西欧式のレディーファーストみたいなのは、あくまでも形式なんだなって感じる。
 Joeは日本にいる時には忘れることに決めてるみたいだよ。)

Zaiにとっては、わたしはお客さんだから丁重に扱ってくれてると
わかっていても、すごく好印象。
アメリカなどで受けるレディーファーストの儀礼とは
全く質の違う自然な動きの数々に、アジアの優雅さを感じる。
あー、イイ人に会えてラッキーじゃー!!

レストランでは、アルコールはあまり飲まないというZaiに遠慮することなく
ビールでイイ気分になり、話がはずむ。

シンガポールのこと、タイでの暮らし、日本のことや
(ちょうどその時期イラクへの爆撃を始めた)アメリカのことやら・・・
仕事柄いろんな国から来る人と接するというZaiは、素晴らしい話し相手だった。
聞き取りにくかったはずのZaiの言葉も抵抗なく理解できるやんか!

やっぱり、言葉って気持ちの壁がはずれると通じてしまうんやねー。
初対面でちょこっと緊張してたんやろなー、ガラにもなく。

彼が本物のジェントルマンだというのが、
ジンワリ伝わってきてリラックスできたのだろう。
ビールが効いたとも言えるけどさー。
[PR]
by pirimiso | 2005-06-06 17:37 | タイ・マッサージ気分
イングリッシュ?シングリッシュ? バンコクの日々②
バンコクには、Joeが本を印刷した時にお世話になったZaiがいる。
Joeは日頃からZaiのコトを
Brilliantly wonderful young guy と言って褒めちぎっていたから
会ってご飯でもご一緒したいなー、と思っていた。
わたしは、メールで数回短いやり取りした事があるだけやけど…
Joeにしてもいつも電話で話していたが、会った事はない人物である。

バンコクに行くと伝えると、空港まで迎えに来てくれるという。
だけど真夜中に着く便やし、ただでさえアヤシげな(?)出迎えの人々で
混雑する出口で、会った事もない人物と待ち合わせするのって・・・・
親切な申し出を丁重にお断りして、次の日の彼が仕事を終えた後の
待ち合わせを決めた。

外国で初対面ということで、ちゃんと会えるのだろうかという不安はあった。
だから、スターバックスで目印にJoeの本を持っていることにした。
c0048612_12524047.jpgとても、わかりやすいでしょー。
これが、例えばネットで出会った恋人との
初めてのデートとかいうシチュエーションなら
ドキドキもんやろな~
などとバカな想像をしていると、Zaiが現れた。

おー、なかなか爽やか系!
浅黒い肌に黒のニットシャツがこざっぱりと似合ってる。
男前やんかー。
仕事の後、シャワーを浴びてから駆け付けたのだという。
その清潔さがシンガポールって感じやねー。
まっ、くっそ暑いからなー。
タイの人も1日に何度も水浴びするっていうし。

Zaiはシンガポール本社からバンコク支社に
単身赴任しているエグゼクティブ。
彼の英語は、シングリッシュとは言えない
ちゃんとしたイングリッシュだ、とJoeは言ってた。

だけどわたしには、これまでに聞いたことのないタイプの英語だった。
スタッカートが効いた、弾むようなものすごい早口なのだ。
マレー系の言葉のリズムが混じっているのかも(?)
全神経を耳に集中させてても、時々何いってるんだか全くわからなくなる。

ううう・・・・ これは、前途多難か……?
[PR]
by pirimiso | 2005-04-19 11:55 | タイ・マッサージ気分
タイ・マッサージ バンコクの日々①
じつは、タイ式マッサージが特技(?)である。

ワットポー・古式マッサージスクールで講習を受けるのは、
じっくりと滞在するための理由づけだった、と思う。
幾度かの旅の際に体験したタイ・マッサージに
関心があったのはたしかだけど。
マッサージの基本を学ぶには、費用があまりかからないことも
タイを選ぶ理由だったろう。
短い期間とはいえ、毎日学校に通い1日講習をうけ、宿への帰りに
寄り道する、そういう平穏な時が欲しかったのだ。

ムッとする熱気や、日光アレルギー肌のわたしには強烈すぎる
日差しにもかかわらず、訪れる度にまた戻ってこようと思わせられる国が
タイなのだ。

バンコクの車があふれかえる排気ガスの中で、
地面にへたり込むように商いをする人々の視線の中を歩く時でさえ、
けだるさが心の平静に変わっていることを意識する。
この「意識」することの自然さが、
気持ちを静かに静かに落ち着かせてくれる。

そこに住む人の暮らしのにおいも、
商売のあからさまなエゲツなさも、
不衛生をのぞかせる街の裏側も、
その反対に、均一な世界基準のきれいな商業ビル郡も、
混ざって濁った空気のエネルギーを生み出しているのに・・・。
妙に穏やかなわたしは、その空気の力に背中を押されながら
ゆっくりと歩いていた。

バンコクでタイ・マッサージを習ったあの時間がくれたものは、
マッサージの技能や出会った人々との思い出。
そしてそれ以上に、
たくさんの瞬間的な印象がわたしの記憶にからみついて、
それがわたしの一部になってしまったこと。

マッサージをする度にその断片がよみがえる。
だれかの身体を押しているわたしの指から、
バンコクのけだるい熱が流れ出るのを感じる。
[PR]
by pirimiso | 2005-04-11 18:17 | タイ・マッサージ気分