イギリスで生きてみる
by pirimiso
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
<   2006年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧
気になる治安
今回のイギリス滞在はJoeには数年ぶりのこと。
アメリカには毎年何度か行くのにね。
だから時々プチ浦島太郎状態のように感じてるみたいだ。

頻繁に目に耳にするごく身近な場所での凶悪犯罪についてが、大きな変化のひとつ。退屈なほどに平穏な田舎まちであった郷里が、いまは「殺人」や「強盗」の舞台になっている。
ちょっと前にも、ワタシもよく前を通るパブの裏手で人が殺された。
拳銃を使った犯罪も、まるでアメリカみたいに増えているのだ。

Joeは他でもない自分が育ったまちが、もうすでに安全とはいいがたい状態になってしまったことに戸惑っているように見える。

実は、ワタシも言葉では言い表しにくい不穏な空気を感じることがある。
Joeが地元の犯罪情報をキャッチする以前から、どこに行くときも何か緊迫感のようなものを感じていたのだ。

だから、ほんとはサイクリングも散歩もフット・パスをたどって探索したいのに、1人の時はできるだけ開けた大通りを行くようにしている。もったいないことだと思う。

まだココに慣れていないから、安全策が身についてなくて余計に慎重になってしまうのだとは思うけど・・・

アメリカのようなダダッ広くて見通しがきく場所での危険を考えるのと、イギリスでの豊かな陰影に満ちた迷路のような空間での不安感は異質のものだ。
ココでは、妙に邪悪が身近に感じられてしまう。
[PR]
by pirimiso | 2006-10-07 03:13 | とりあえずイギリス
サイクリング・マップ
右に左に、前後ろ、絶えず目を配っていないと
「命があぶない」と強く感じさせられた初サイクリングではあるけど
簡単に引きさがりはしないノダ。

せっかくマウンテン・バイク借りて
空気に2ポンドも払ったんやし(←ネにもってる・・)
交通費節約のため、運動のため使いたおしたるで~

というわけで、「のんびり田舎めぐり」あらため
「根性入れて近隣のサイクリング・コース(できるだけ)走破」
に気分を切り替えることにした。

自転車屋でもらったサイクリング・マップは Midway Council 発行の
Rochester 周辺のいくつかの町の道を網羅した詳細なものである。
幹線道路から、パブリックフットパスまで大小の道を組み合わせて
サイクリング・コースが設定されている。

この国では、Sustrans(National Cycle Network)や
CTC(Cyclists' Touring Club)などの団体が
全国の自治体とともにサイクリング・コースの整備を続けている。
なるべく車を使わない環境保護と、
国民のサイクリングによる健康効果を理念に
かなりイイ活動をしていると聞いている。
(そのスゴーく美しいイメージがあったから
「田舎サイクリングの夢」をもってたんやけどね、じつは)

こういう団体の活動の成果として
マップ上に四方に伸びるサイクリング・コースが今あるということね~

理想と現実には大きな開きがあることを
すでに強烈に知ってしまったけれど
このサイクリング・マップを友に
この地方を探索してみよう。
[PR]
by pirimiso | 2006-10-03 01:46 | とりあえずイギリス